水子供養ヘッダ

水子供養について

初めてお申込になる方は、御供養申込前にお読みください。

水子さまがいらっしゃる理由は、人それぞれあると思います。当院では、その最善を尽くしたことを真剣に受け止め、ご供養をされる心構えとして純粋な気持ちで「水子供養」本来の供養をして頂きたいと考えております。

まず最初に知っていただきたいのは、水子さまは「仏さま」です。「仏さま」とは、お釈迦様や観音様と同じです。仏さまが、人を不幸にすることはありません。『水子の祟り』はございません。

水子さまは、さいの河原で石を積みながら「1つ積んでは母のため、1つ積んでは父のため…」と言いながら、一生懸命に、ご両親や多くの方々の為に功徳を積んでいらっしゃいます。しかし、積み重なると鬼が崩し、また最初から同じように「1つ積んでは母のため…」と、ご両親の幸せを願い続け頑張っているといわれます。

「不幸が続いているので、水子供養をしてほしい」「体調が悪いので、水子供養をしたい」そのような声を聞きます。しかし、水子さまはご両親のために一生懸命に功徳を積んで、少しでも幸せになってもらえるように頑張っていらっしゃいます。お亡くなりになった後も、ご両親の幸せを純粋に願い続けているお子様を、自分が不幸になったからといって、責任転換のように責めることは間違っています。

水子さまが純粋にご両親の幸せを願っているのであれば、あなた様が純粋な気持ちをもって水子さまが1日も早く極楽浄土へ行けるように、ご供養してあげるのが本来の水子供養です。

「悪いことがあったので、水子供養をして欲しい」というのは、自分の幸せのためです。もし、不幸が続いたり、悪いことを開運に向け、自分の幸せを願うのであれば、それは『水子供養』ではなく『ご祈祷』を行うのが本来です。水子供養は、自分の幸せを願う供養ではなく『水子さまの幸せを願う供養』です。

ぜひ、本来の『水子供養』というものをご理解頂き、水子さまが幸せになるお力添えが出来れば幸甚に存じます。

合掌

水子供養お申込

>>ネット水子供養(当院に来ることなくご供養をお申込)

>>参拝水子供養(当院に直接来てご供養をお申込