鳳林院ヘッダ

鳳林院境内 名所案内

鳳林院山門(小美玉市指定文化財)

山門
小美玉市指定文化財 昭和57年3月24日指定。

 山門は寺院建造七堂伽藍のひとつで、修行僧や仏道を求める者の心を引き締める重要な入口です。
この山門は正徳3年(1713年)9月吉日、檀家各家の発願により着工され、正徳4年4月28日上棟、翌年の正徳5年10月28日、3年間の歳月を費やし建立されました。今日に至るまでに2度にわたる火災の難を免れましたが、大正6年(1917年)10月1日夜半、辰巳の大風によって破壊しその年に復元されました。
破壊前の山門は釘を1本も使わない方法で建立され、位置も現在地より7mほど道路側に立てられていと伝えられています。屋根も茅葺きでしたが、昭和50年2月に鉄板葺きに、平成20年2月に銅板葺きに改修工事が施されました。

清浄守護龍柱(唯一無二の龍柱)

龍柱 2匹龍 龍柱 鯉~龍

 階段側にいる2匹の龍、上段は参拝に来た方を清浄にして、汚れの無い心身で参拝できるように階段中央を向いています。また、下段は参拝を終え山門を出たあとも守護してもらえるように、帰る人を向くように上を向いています。
 また、中国の古事に「鯉が川をのぼり、門をくぐると龍になる。その門を登龍門と言う」という話しがあり、その古事にならい本堂に向かって右側7本の柱裏には、下から鯉が龍に変化する姿が彫られています。
 この清浄守護龍柱を行き帰りに通ることで、多くの龍たちに邪気を払っていただき、払った邪気から守護してもらうことができます。さらに鯉が龍に飛躍するが如く、益々の福徳を願うことができるヒーリングスポットです。

一字一石経(小美玉市指定文化財)

一字一石経全景 一字一石経
小美玉市指定文化財 昭和55年3月26日指定。

 当院所有の土地を美野里町(現小美玉市)が竹原中郷地区の農村公園造成のため整地中、昭和54年6月7日、地下約1mの川砂層から多数の経石が出土しました。
 この経石は、享保4年(1719年)当時、当院に修行に来ていた僧侶が、飢饉や洪水などの被害から百姓たちを救うための願いをこめて、経文を一字ずつ川石に写したもので、その数は大乗妙典経文の字数から考えて約7万個の経石と思われます。
 その他、供養のための経石もあり、「寛永通宝」銭も約16枚見つかりました。経石は、これまで他市町村でも発掘されたことはありますが、当院のように年代や作者名まで明らかにされた例は少なく、貴重な史料になっています。